白髪染めトリートメントTOP >  > 白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?

白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?

最近は女性の抜け毛や薄毛という問題もクローズアップされることが多くなり、テレビや新聞などにも女性用の育毛剤の広告がよく見かけるようになりました。


女性の抜け毛や薄毛というと女性ホルモンが減ってくる40代後半から50代の年齢の方が悩むものだったんですが、最近は低年齢化して30代といった若い方でも抜け毛や薄毛に悩む人が増えているといいます。


原因は生活習慣やストレスなど色々あるんですが、白髪染めを含む過度なヘアカラーも原因のひとつに数えられています。


市販の刺激の強い白髪染めを使うと頭皮がピリピリしますし、髪がボロボロに傷んで"なんだか髪が溶けていっているような気がする"という感覚になりますが、あながちこれは間違ってはいないんです。


というのも1剤2剤(過酸化水素)を混ぜ合わせる2剤式の白髪用ヘアカラーは毛の中のシスチンというタンパク質の分子を酸化、切断してしまうため髪の強度を低下させる原因になるからです。


また、カラーリング後はキューティクルが開いた状態なので、髪の毛の内部のタンパク質や栄養素が流出してしまって、どんどん髪はパサつくようになりますし、細毛を促進してしまう結果になります。


※ 2剤式のヘアカラーや白髪染めは酸化反応を利用して染毛しますが、そのときに活性酸素が発生します。活性酸素は細胞にダメージを与えて老化や障害を促すものですから、毛根の細胞の障害や機能低下を招き、抜け毛や薄毛の原因になってもおかしくありません。


さすがに白髪染めで染めてすぐにその影響が出るということはありませんが、白髪染めは繰り返し使うもの。10代20代の若いころは頻繁にヘアカラー(おしゃれ染め)で髪を染め、白髪染めデビューも30代と早かったということになると、それだけ髪や頭皮にダメージが蓄積されているといえるはずです。


今はまだ何ともなくても今後はどうなるかわかりません。細毛・抜け毛・薄毛etc...遅かれ早かれ影響はでてくると考えたほうがいいと思います。


レディー・ガガの薄毛がカラーリングの末路を教えてくれる!

レディーガガといえば皆さん、ご存じ世界の大スターです。過激なパフォーマンスとともに奇抜なファッションやヘアスタイルでも注目を集める存在です。


そんなレディーガガですが、度重なるカラーリングが原因で、深刻な抜け毛・薄毛に悩まされていることをご存じでしょうか。ガガ自らが染髪が原因で薄毛が大変なことになるといってます。


どうですか?この写真。ちょっと衝撃的ですよね。


こうした姿を世界中のファンに配信してしまうところがガガの凄いところです。普通の女性であれば、こんな禿げ頭になったら正気を保つことはできないでしょう。


ヘアカラーや白髪染めをしている人全員がここまでひどいことになるというわけではありませんが、髪や頭皮に刺激を与えて、酸化ダメージや炎症などの負担をかけ続ければ、最悪こうした状態になってしまうということで、紹介させてもらいました。


白髪染めはおしゃれ染めに比べて、ブリーチ力が弱いといわれることがありますが、それは暗めの白髪染め(6,7番)に限ったこと。明るく白髪を染める場合はブリーチ力も強くなるため髪へのダメージも大きくなります。


そんな白髪を短い間隔で繰り返し使用したり、頭皮に刺激や炎症があるのに我慢して何年も続ければ、髪や頭皮に蓄積されるダメージがどれほどのものになるかは火を見るよりも明らかでしょう。


髪の土壌にあたる頭皮環境の健やかさが失われれば、その影響が髪に及ぶのは間違いないはずです。


白髪染めトリートメントは、「白髪」&「薄毛」の2大トラブルを解消してくれる!

こうした白髪染め(パーマ液なども同様)の問題はネットを通して徐々にですが、多くの人が知るようになっています。テレビでは白髪染めのメーカーは大切な広告主ということもあってなかなかニュースにならないし、話題にもなりませんけど。


白髪は染めて隠すことができますが、髪のボリューム不足やスカスカに地肌が透けた頭頂部の薄毛となると、改善はもちろん隠すといった対策ですら非常に難しくなるのはご承知のとおり。


育毛シャンプーなんかは全く論外ですし、育毛剤の効果は価格が高いわりに未知数で不安が残ります。ヘアスタイルを変えて隠そうにも地毛が少なくなっているうえ、1本1本が細くなってしまっているわけですから、うまくいかないケースのほうが多いでしょう。


それこそウィッグでもつけないと隠せない状態になってしまったらと考えると、女性としてはなんとしても「細毛」「薄毛」の問題は避けたいところだと思います。


そう考えると頻繁に行う白髪染めはできるだけ髪と頭皮へのやさしさを優先して、トリートメントタイプの白髪染めを使うのが選択肢としてはベストだと思います。


髪や地肌を傷めず白髪を染められるうえ、美髪成分の働きで髪にハリやコシ、活力を与えて白髪と薄毛(細毛も含む)という女性の髪の2大トラブルをまとめて対処してくれますから。


白髪が目立つようになると、どうしてもすぐに色がつくよく染まる市販の刺激の強い白髪染めを使ってしまいがちですが、5年後、10年後の細毛・薄毛を考えると髪や地肌にやさしいトリートメントタイプの白髪染めを使ったほうが断然いいのでは?と思います。


薄毛・細毛を防ぐ白髪染めトリートメントの選び方

加齢やストレス、ホルモンバランスなどの影響が大きいといわれる女性の細毛や抜け毛、薄毛(ボリューム不足)ですが、ここまでお話してきたように普段のヘアケアの影響も無視できないほど大きいです。


逆にいえば、普段から髪のエイジングを意識してヘアケアをしていれば、5年後、10年後も豊かな髪をキープできる可能性は高くなるということです。


早い人は30代、遅くとも40代になれば誰もが使うことになるのが白髪染めですから、今後起こりうる髪のエイジングも意識して選んだほうがいいと思います。

5年後、10年後を考えた白髪染め選びのポイント!

とにかく髪と頭皮にダメージを蓄積させないことが大事!
トリートメント効果で髪を元気にできるもの!
続けるものだから費用対効果がよく使い心地がいいもの!

スカルプケアもできる話題の白髪染め! 「ヘッドスパクリーム」という第3の機能もあるレフィーネのヘッドスパは髪を健やかにし、地肌力を鍛えてくれるので、5年後・10年後を考えたヘアケアをするにはまさにうってつけの存在!

柑橘系の香りも気持ちいいですし、パラペンフリーと髪と頭皮の安全性にこだわっているので安心!300gサイズと他の白髪染めトリートメントに比べて「量」も「使える回数」も単純計算で1.5倍ですからお得なところも魅力的なポイントだと思います。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
40代の人は白髪とともに気になる薄毛の問題。白髪染めが細毛や薄毛という女性の髪のエイジングを促進させている可能性もあるので白髪染め選びがとっても大事になってきます。