白髪染めトリートメントTOP >  > 白髪染めのpH値と染まりやすさの関係

白髪染めのpH値と染まりやすさの関係

髪とphの関係

白髪用カラートリートメントをいろいろと比較していくと、「pH(ペーハー)値」というものが目に付くと思います。


「pHが低いから髪にやさしい」とか「pHが高いから白髪がしっかり染まる」など、pH値を商品のアピールポイントの1つとして販売ページで紹介している白髪染めトリートメンも多いですよね。


pHというのは、酸性・アルカリ性の程度の表す単位のことです。pH7を中性とし、それより低い値のものは酸性、高いものはアルカリ性になります。


このpH値が髪とどんな関係があるのか?どんな影響を与えるか?ということはすごく大事なことです。覚えておいてほしいのは、髪は「酸に強く、アルカリに弱い」という性質を持っているということ。


ヘアカラー(白髪染め含む)やパーマはこの「酸に強く、アルカリに弱い」という髪の性質を利用して、薬剤を髪に浸透させて、髪に色をつけたり、変化を加えるものですし、洗い流すトリートメントなどは、髪のph値を調整することで髪のコンディションを整えてくれるものです。


髪にとっては弱酸性のpH4.5~5.5が最も健康な状態

髪はpH4.5~5.5の弱酸性の状態がベストです。そして、アルカリ性に傾くとキューティクルが開き、酸性だとキューティクルが閉じる性質があります。


白髪染めの場合、pH値がアルカリ性に傾くほど、染料の髪内部への浸透がよくなるので、色の染まりがよくなり色持ちもよくなります。しかし、同時に髪のダメージがひどくなるというマイナス面があります。


反対に、pH値の数値が低いほど、髪へのダメージは少なくなりますが、ブリーチ(漂白)作用が弱くなり、染料も毛髪内部に浸透しにくくなるため、色落ち(褪色)しやすくなります。


1剤2剤を使って白髪を染める市販の白髪染めの場合、1剤に強アルカリ性(ph10~12)のアンモニアが配合されており、それで髪の毛を強制的にアルカリ性に傾けることでキューティクルを開き、内部にジアミン系の酸化染料を浸透させて白髪を染めていきます。


髪のキューティクルが剥がれてしまうので、染めた後の髪は指通りはギシギシ・ゴワゴワになりますし、毛髪内部の栄養分が流出してしまうので、乾燥してパサパサになります。静電気も発生しやすくなるので、ブラッシングで大変な思いをした経験がある人も多いはずです。


※ 美容院などでは、「微アルカリカラー(pH7.5~8.5)」という通常のアルカリカラーに比べて髪の毛のダメージを減らしたヘアカラーもありますが、自宅染め用の白髪染めは基本的にはアルカリカラーです。


そのため、白髪を染めたり、パーマをかけるなど髪の状態をアルカリ性にしてしまった後は、pHコントロールできるシャンプーやトリートメントでケアをして弱酸性の状態に戻さないといけません。

健康な髪と傷んだ髪のキューティクルの違い

※毛髪は皮膚とは違って「アルカリ中和能」といわれるアルカリ性に傾いた状態を弱酸性に戻す機能をもっていないためヘアケアで戻す必要があります。


対して、白髪染めトリートメントの場合は、商品にもよりますが、概ねph4~8で弱酸性~弱アルカリ性です。髪本来の弱酸性に近いph値なので、髪へのダメージはほとんどありませんし、キューティクルが剥がれる心配もないので髪内部からの栄養分の流出もありません。


白髪染めトリートメントが髪や頭皮にやさしいといわれるのは、無添加処方であったりトリートメント成分が豊富だということもありますが、髪本来のpH値に近いため、キューティクルをはがしてしまうといったことがないことも要因の1つです。


だから、仕上がりがいまいちでも、白髪用カラートリートメントなら繰り返して白髪を染めることができるわけです。同じことを美容室での白髪染めや市販の白髪用ヘアカラーでやれば髪がボロボロになってしまうのは容易に想像できると思います。


頭皮も髪とほぼ同じ弱酸性(pH4.5~6.0)が健康な状態です。頭皮は、皮膚常在菌によるアルカリ中和能という働きがあるので、シャンプーやパーマ、ヘアカラー等でアルカリ性に傾いても15分~2時間も経てば弱酸性に戻ります。


そのため、髪に比べると、そこまでph値を気にする必要はないんですが、強アルカリ性の市販の白髪染めヘアカラーに比べれば、弱酸性に近い白髪染めトリートメントのほうが、頭皮への刺激は少なくて済むのは間違いありません。


pH値が高い(アルカリ度が高い)ほど白髪染めは染まりやすい?

白髪染めトリートメント同士を比較した場合、phが高いほうが染まりやすいのか?という疑問がでてくるかと思うんですが、これについていえることは、ph値は染まりやすさを知るための1つの指標ではあるということです。


どういうことかというと、白髪染めトリートメントの染料として使われている塩基性染料は、髪が「-」の電化を帯びている状態(pHがアルカリに傾いている状態)ほどよく染まります。


そのため、こうした塩基性染料の性質を考えると、ph値がアルカリ性に傾いている白髪染めトリートメントほど染まりやすいと考えられるわけです。


※一般的な傾向として白髪染めトリートメントは健康な髪よりも傷んだ髪のほうがよく染まります。傷んでいる髪は、phがアルカリ性に傾いている状態であるため、塩基性染料との相性がよくなるからです。


当サイト紹介の商品でいうと、pH8のルプルプが唯一の弱アルカリ性なので一番染まりやすいと考えられるわけです。ちなみにpH8というのは海水と同じぐらいです。


ただ、勘違いしてほしくないのはpH値だけで染まりやすさが決まるわけではないということです。


pH値は、白髪染めトリートメントの染まりやすさ、髪へのやさしさを知るうえで参考になる指標の1つですが、あくまで数ある指標の1つです。


色の入り具合や仕上がりの色調などは、髪質や髪の状態、髪色といった個人差、それから染め方(放置時間や1回当たりに使う量など)によってもは変わってきますし、白髪染めトリートメントに配合されている成分や染料の配合バランスによっても変わってきます。



相性もありますから、使ってみて試すというのが一番の確認方法だと思います。口コミなどをみてもpH値の数字が多い(高い)ものが必ずしも満足度が高いわけではないことがわかりますからね。


人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
白髪染めのpH値が染まりやすさや髪や頭皮へのやさしさにどう関係しているのか?をはじめ、髪のキューティクルが弱酸性や弱アルカリ性の状態になるとどう変化するかを詳しく解説しました。