白髪染めトリートメントTOP > 白髪染めを使うほど白髪が増える? > 白髪が増える原因に!?その他のよくある噂話を検証

白髪が増える原因に!?その他のよくある噂話を検証

白髪を増やしてしまう原因として話題にのぼるいくつかの事柄についても解説しますね。


貧血の人は白髪になりやすい!?

貧血は、血液中の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」が不足している状態のこと。赤血球は酸素を運搬する働きがあるため、ヘモグロビンが不足してしまうと、細胞に酸素を送れなくなります。


心臓から距離のある末端部分ほど貧血による酸素不足の影響が目立ちがちですが、生命活動と直接関係のない髪の毛となるとその影響は顕著なんですね。結果、毛根部分での正常な細胞分裂が行われなくなるため、薄毛や白髪の原因になってしまうというわけなんです。


血流が悪いこと(=冷え)も同様に、髪を作る材料となるタンパク質やアミノ酸の合成に必要な亜鉛、髪を黒くするのに必要なカルシウムや銅などのミネラルを毛根に運べなくなるので、薄毛や白髪の原因になります。


「血液の質」「血流」には注意したいですね。


睡眠不足で白髪が増える!?

睡眠不足で白髪が増える可能性は十分あると思います。理由は3つあります。


睡眠不足が白髪が増やす可能性は!?

1、睡眠中に行われる細胞の再生や修復作業に支障でるため
2、自律神経の混乱を招き、ホルモンバランスの乱れ、血流悪化の原因になる
3、ストレスを解消することができず、体内で活性酸素が増えてしまう


傷ついた細胞や組織を修復し、新陳代謝を促す成長ホルモンの作用を睡眠不足では得られなくなりますから、結果として、ダメージが蓄積されて細胞や組織の劣化や老化が促されます。


また、睡眠中は成長ホルモンだけでなく、抗ストレス作用のあるコルチゾールや抗酸化作用のあるメラトニンなどが分泌されており、日中のストレスを軽減してくれたり、老化の大敵である活性酸素を除去してくれています。


こうしたコルチゾールやメラトニンの働きも睡眠不足では得られなくなりますし、「起きている時間が長い=活性酸素が余計に発生する」ともいえるので、その分、毛根にダメージが蓄積されて老化も促進されてしまうと考えられるわけですね。


※睡眠時以外では「筋トレ」「全力疾走」などいわゆる「無酸素運動」を行うことでも成長ホルモンは分泌されます。ジム通いをはじめて白髪が減ったという話を聞くことがありますが、筋トレをして乳酸がたまると成長ホルモンの分泌が促されるため、それが影響していると考えられます。


美白サプリを飲むと白髪増える!?

美白サプリによく配合されている「L-システイン」という美白成分があります。L-システインにはメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制する作用があるんですが、この働きは肌にとってはシミ予防になっても、髪にとっては白髪をつくる原因になってしまうといわれています。


前述したようにメラノサイトの活性化が弱ると、白髪増えます。L-システインでメラノサイトの働きを阻害してしまえば、メラノサイトが休止した毛根を増やしてしまうともいえるので、白髪が増えるという結果になってもなんら不思議ではないんですね。


この美白サプリの副作用を防ぐには、ビオチンを摂取するといいといわれています。


確かにビオチンは髪にとって重要な栄養素の1つではありますが、だからといってビオチンを摂取すれば、肌のメラノサイトの働きは抑制されるのに、髪の毛根のメラノサイトは活性を維持できる、といった都合のいいことになるのかというと、正直疑問ですよね。


L-システインが配合されている美白サプリを飲むときは、その影響で白髪が増えるリスクが増すということは覚えておいたほうがいいと思いますよ。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
白髪を増やしてしまう原因として話題にのぼるいくつかの事柄についても解説しますね。 貧血の人は白髪になりやすい!? 貧血は、血液中の赤血球に含まれる「ヘモグロビン