白髪染めトリートメントTOP > 塩基性染料とHC染料の安全性は? > 塩基性染料とHC染料の安全性、アレルギーの可能性は?

塩基性染料とHC染料の安全性、アレルギーの可能性は?

塩基性染料やHC染料って安全なの?
白髪染めトリートメントってクチナシ・ベニバナ・ウコンといった植物の天然染料だけでなく、「塩基性茶16」「HC青2」といった合成染料も使われてますよね。 こうした合成染料って安全なんでしょうか?刺激になったり、身体に悪い毒性があったりしませんか?
合成染料ですが、毒性や刺激の心配はいりません。
「塩基性茶16」「HC青2」というのは、それぞれ「塩基性染料」「HC染料」という合成染料になります。植物由来の天然染料だけでは、色付きが悪く、色持ちも悪いため「HC染料」とその弱点を補う「塩基性染料」が一緒に配合されているんです。この2つの合成染料の安全性については特に心配するようなことはありません。

【回答補足】

白髪染めトリートメントには「HC染料」と「塩基性染料」が一緒に配合されているケースがほとんどです。この2つの合成染料は2001年に薬事法規制が改正された後、化粧品に配合できるようになりました。


◎ HC染料

分子径が小さく、キューティクルの隙間から浸透するという特徴があるため、キューティクルを開く必要がなく、髪の表面の内側まで染めることが可能です。分子間の力のみで吸着しているため、塩基性染料に比べると色落ちしやすい弱点があります。

◎ 塩基性染料

分子径が大きいため髪の内側には浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けます。「+」電化を帯びており、髪が「-」の電化を帯びている状態(pHがアルカリに傾いている状態)ほどよく染まります。 塩基性染料だけでは、色数が少ないため、HC染料のようにさまざまな色合いを出せないのが弱点です。

※健康な髪のpHは、4.5~5.5の弱酸性です。


HC染料だけだと、すぐに色落ちしてしまうわけですが、塩基性染料があることで色持ちがよくなります。同時に、塩基性染料だけでは色数のバリエーションが少なくなってしまうので、HC染料を一緒に配合することでその弱点をカバーします。


白髪染めトリートメントのなかには、「Wカラー処方でしっかり染める」とか「イオンカラー処方で髪や頭皮にやさしく染める」など、なんだかすごい技術が搭載されているような表現をしている商品がありますが、もうおわかりように、これらは「HC染料」と「塩基性染料」のことです。


かなり大袈裟に表現してますよね。


ジアミン系の酸化染料やニトロ染料、酸性染料(タール色素)に比べると、染毛力は弱いですし、色落ちも早いんですが、 キューティクルを破壊することがないうえ、皮膚に付着してもすぐに洗い流せることもあり、ほとんど刺激もありません。


「刺激もアレルギーも100%心配なし!」とは、さすがに言い切れませんが、ジアミン系の酸化染料や酸性染料に比べると刺激やアレルギーリスクは、格段に低いといえます。


合成染料というと、マイナスなイメージがあるかもしれませんが、「HC染料」と「塩基性染料」ついては毒性やアレルギー反応を気にすることなく使えるので、不安がる必要はありません。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
塩基性染料やHC染料って安全なの? 白髪染めトリートメントってクチナシ・ベニバナ・ウコンといった植物の天然染料だけでなく、「塩基性茶16」「HC青2」とい