白髪染めトリートメントTOP > 市販の白髪染めと比べて何が違うの? > 市販の白髪染めと比べて何が違うの?

市販の白髪染めと比べて何が違うの?

ドラッグストアにある白髪染めと比べて何が違うの?
子供を生んでから白髪が目立つようになってきました。そこで色々と白髪染めをチェックしているんですが、トリートメントタイプの白髪染めってCMをやっているようなドラッグストア(マツキヨ)に置いてあるサロンドプロやブローネといった有名ブランドの白髪染めと比べて何がどう違うものなんでしょうか?
髪や頭皮にやさしいなど多くのメリットあり!
サロンドプロやシエロ、ブローネなど市販の白髪染めは2剤式の白髪用ヘアカラー(永久染毛剤)で、おしゃれ染め用のヘアカラーと比較してもブリーチ力(脱色)&染毛力が強い成分や染料を使っているので髪や頭皮を傷めやすいです。髪がゴワゴワになったり、地肌がピリピリするのを嫌って白髪染めも髪や頭皮にやさしい白髪用ヘアカラートリートメントを求める人が増えています。

【回答補足】
ブローネ、サロンドプロ、シエロ、ビゲンなどドラッグストアにいけばたくさんの白髪染めが売っていますが、そうした白髪染めのほとんどが酸化染毛剤(永久染毛剤)と呼ばれるタイプで、強烈なブリーチ力(脱色)と染毛力が強い成分や染料(※)を使っています。


※パラフェニレンジアミン、アンモニア、過酸化水素水(=オキシドール)など


いわゆるヘアカラータイプの白髪染めは、ジアミン系の酸化染料とアルカリ剤を含む1剤と酸化剤(過酸化水素水)の入った2剤のペア使用が基本です。


髪を保護しているキューティクルをアルカリ剤(おもにアンモニア)で開いて、髪内部のメラニン色素を脱色すると同時に、酸化染料と過酸化水素が反応し、酸化重合することで発色、染料の分子同士が結合してキューティクルの隙間から出られなくなるぐらい大きくなるので、髪内部にしっかり色を定着します。

白髪用ヘアカラー


髪質に関係なくしっかりと発色させることができますが、薬剤に含まれている過酸化水素が髪から水分を奪い取るため髪が乾燥してパサパサになりますし、脱色する際に髪のタンパク質を破壊するので、傷みがひどいと裂毛・枝毛・断毛などの原因になります。


頭皮に対するダメージも深刻で、肌質にかかわらず頭皮にピリピリとした刺激があります。


パラフェニレンジアミンやトルエン-2.5-ジアミンといったアレルギー反応を起こす成分も含まれているので、肌に合わなければ、痒み、かぶれ、赤く腫れる、色素沈着などの皮膚トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。


普通のヘアカラーと比べても白髪も黒髪も同じ色に染めてしまう白髪染めは、それだけブリーチ力(脱色)&染毛力が強いので、仕上がりが気に入らないからと染め直したり、白髪染めをする頻度が高いとそれだけ髪や頭皮がボロボロになってしまうという問題もあります。


「髪が傷んで、パサパサ、ゴワゴワ」
「頭皮がピリピリして、かゆい、腫れる。」


こうした症状は白髪染めをする以上、避けられないものでしたが、それでも「白髪が目立つのは嫌だから」と我慢して使わざるを得なかったわけですね。最悪、アレルギーを発症してしまうと、ドクターストップが入りますから、そうなると、白髪を染められなくなるというケースもでてきます。


そんな従来の白髪染めが抱えている安全性や美容上のリスクを回避できるのがトリートメントタイプの白髪染めなんです。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
ドラッグストアにある白髪染めと比べて何が違うの? 子供を生んでから白髪が目立つようになってきました。そこで色々と白髪染めをチェックしているんですが、トリートメ