白髪染めトリートメントTOP > 白髪を染める頻度や間隔の目安は? > 自宅染めになぜ白髪染めトリートメントが便利なの?

自宅染めになぜ白髪染めトリートメントが便利なの?

美容院にいくまでのつなぎ用として自宅染めに2剤式の白髪染めでなく、トリートメントタイプの白髪染めを利用するのは、利用するだけのメリットがいくつもあるからです。


要チェック 髪や地肌にやさしいから失敗しても何回でもやり直しが効く!
要チェック ジアミンアレルギーになる心配がないから繰り返し使える!
要チェック 使い置きできるので何度でも使える!
要チェック 繰り返し使うたびに髪が傷むどころか健康になる!


2剤式の普通の白髪染めはジアミンアレルギー発症の可能性が常にあり、一度発症してしまったら二度と使えなくなります。髪や毛根へのダメージが将来的に抜け毛や薄毛といったトラブルにつながることもあることを考えると、できるだけ使用頻度を減らしたほうがいいわけです。


『髪と頭皮の健康を維持するのなら2剤式ヘアカラーは1か月半~2ヵ月に1回程度に留めるのが適切』

⇒花王ヘルス&ビューティケア調べ


白髪染めトリートメントは市販のケミカルな白髪染めと違って髪や頭皮を傷めないし、ピリピリとした刺激&アレルギーの心配も少ないので、「ここが上手く染められてないな」と思ったらすぐに染め直せるわけです。


しかも30代後半から増え始めるうねり毛などのくせ毛対策や乾燥してパサつく髪のケアもできて、使えば使うほどトリートメント効果で髪にツヤ感がでて健康になるというオマケ付きです。


髪も健康になるし、人によっては美容室で白髪を染める頻度・回数が2ヶ月に1回だったものが3ヶ月に1回になって美容代の節約にもつながるので、自宅染めに使う白髪染めとしてはぴったりなんですね。


唯一、白髪染めトリートメントには1回では染まらず、色が定着するまで続けて使用する必要があるという欠点があるので最初の1本目はすぐになくなって費用対効果の悪さを感じるかもしれません。


ただ、色が定着したら1週間に2~3回程度の使用で、髪色がキープできるようになりますから費用対効果が一気によくなって便利さを実感できると思いますよ。

300gと大容量のレフィーネ ヘッドスパに注目!

「生え際や根元のちょっとした白髪は自分で染めて美容室代を節約したい!」そんな人にぴったりなのがレフィーネヘッドスパトリートメントカラー。1本あたり300gと量が多く、たっぷり使えるので部分染めにはうってつけです。

費用対効果で選ぶならこれです! 白髪染めトリートメントの多くは内容量が200gというものが多いんですが、レフィーネのヘッドスパは300gですから単純に1.5倍!1回あたりゴルフボール大(15~20g)使うものとして単純計算すると15回~20回使えます。(200gだと約13回分)
使える「量」「回数」ともに他と比べて1.5倍というのはうれしいですよね。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
美容院にいくまでのつなぎ用として自宅染めに2剤式の白髪染めでなく、トリートメントタイプの白髪染めを利用するのは、利用するだけのメリットがいくつもあるからです。