白髪染めトリートメントTOP >  > ジアミンアレルギーと白髪染めとの付き合い方

ジアミンアレルギーと白髪染めとの付き合い方

白髪染めというと基本的は酸化染料で染める2剤式の白髪染めのことを指します。


2剤式の白髪染め(医薬部外品)は、白髪も黒髪もほぼ同じような色に染めることができ、色持ちがいいというメリットがありますが、デメリットとして髪のダメージが強く、ピリピリした刺激があるというのはご存じだと思います。


「ピリピリするけど、しばらくすると落ち着くし、何年も使っているけれど問題ないし、大丈夫なんじゃない?」と思っている人もいるかもしれません。というかそういう人のほうが多いでしょう。


が、侮るなかれ、白髪染めによる刺激をいつものことだからと甘くみえていると、思いもよらない事態に発展してしまうことがあります。


白髪染めによる皮膚疾患(=かぶれ)は何が怖い!?

2剤式の酸化染毛剤(ヘアカラー・白髪染め)を使うことで起こる疾患(かぶれ)は主に皮膚炎であり、非アレルギーの刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の2つに分けることができます。


◎ 刺激性接触性皮膚炎


刺激物質の化学的な刺激の強さが皮膚が耐えうる許容濃度を超えた場合に発生する皮膚障害で免疫機能に関係なく誰にでも起こりうる皮膚炎です。痛み、かゆみ、発赤、水疱などの症状があります。

◎ アレルギー性皮膚炎


白髪染めの場合、酸化染料(パラトルエンジアミン、フェニレンジアミン、メタフェニレンジアミン、トルエン-2.5-ジアミン、パラアミノフェノール等)を原因物質としてアレルギー反応が出ることが多いです。ジアミン系染料に反応する場合はジアミンアレルギーと呼ばれ、症状が重くなると接触部位を超えて、顔面や首などにも痛み、かゆみ、発赤、水疱などの症状があらわれます。


頭皮がピリピリする、痒くなるというのはたいてい脱色剤に含まれる過酸化水素やアルカリ剤に対する軽度の接触性皮膚炎なので時間が経つと落ち着くケースが多いです。


そのため、「白髪染めがしみる、刺激があるのはいつものこと」だと軽視しがちなんですが、実はその裏側でアレルギー性皮膚炎が進行していることがあるんですね。


毎回パッチテストを行ってから白髪染めをするようにしていれば、早い段階でジアミンアレルギーになったことに気づけますが、それを怠っていると、顔が腫れたり、全身に湿疹があらわれるなど重症化して病院に担ぎ込まれる状態になってからアレルギーに気づくという事態になってしまいます。


そして、そうした事例が今、増えていることが懸念されているわけなんです。


消費者庁も警告!毛染めによるジアミンアレルギーの被害

現在、毛染め(ヘアカラー・白髪染め)によるアレルギー性皮膚炎(ジアミンアレルギー)の健康被害については、消費者安全調査委員会(通称:消費者事故調)が製造業者・販売業者・消費者に対して警告を出しているほど深刻なレベルに達しています。


ちょっとショッキングな写真になりますが、以下は消費者事故調提供の「毛染めによりアレルギー性皮膚炎を発症した患者」の写真です。


毛染めによるアレルギー性皮膚炎の様子

※写真:事故調提供


※ 顔面が赤く腫れ、湿疹から滲出液が滴るほど重症化してしまう人もいるとのこと。


消費者安全調査委員会の報告書によると、毛染め(ヘアカラー剤)がらみの被害相談が2010年度以降のおよそ5年間で1,000件を超える数が寄せられ、その多くがジアミン系の酸化染料によるアレルギー性皮膚炎だということなんですね。


※消費者庁に寄せられる被害相談が1年あたり200件程度なので、実際はこの数倍の被害があると想定されています。


アレルギーの症状は一度発症すると、カラーリングするたびに症状があらわれます。アレルギー反応が軽度なかゆみや赤みと、症状が軽かった場合も、治まった後に繰り返し使用することで次第に重症化していくという傾向があります。


白髪染めは、その性質上どうしても頻繁に使用してしまうものですし、年齢とともに白髪が増えれば使用頻度も多くなってきます。「ちょっとピリピリするかな?」程度で特に異常を感じたことのない人も、繰り返し使っているうちに、ある日突然、アレルギーになってしまう点が恐ろしいわけです。


おしゃれ染めと違って、白髪染めは「老けてみられるから止めるわけにはいかない」という切実な理由があります。だからこそ白髪染めの危険性・リスクについては詳しく知っておかなくてはいけないわけですが、ほとんどの人は、危険性やリスクについての知識が乏しく、知識があっても行動がともなっていないケースが多々あるわけです。


意識低すぎ!?消費者安全調査委員会(=事故調)のアンケート結果

毛染め(ヘアカラー・白髪染め)トラブルの被害相談の増加に伴って、消費者安全調査会(=事故調)がカラーリング経験がある3000人を対象におこなったアンケートを実施しているんですが、その結果を見ると、ジアミン系の酸化染料の危険性についての認識の甘さが随所にみてとれます。


【毛染めで異常を感じた時の行動について(自宅染め)】


・「しばらくすると症状が治まったので何もしなかった」 52.8%
・「異常がでたので医療機関を受診した」 9.7%


※毛染めでかゆみ等の異常を感じていたが、数日で収まるためそのまま特に何もせず何年間も毛染めを続けていたが、症状がひどくなり、我慢できなくなって医療機関を受診したという人が相当数いることが判明。

【商品に添付されている使用説明書をを読むか?について(自宅染め)】


・使用説明書は読まない 20.4%
・使用上の注意部分を読む 46.4%
・使用説明書をすべて読む 6.8%

【毛染めのリスク・アレルギーに対するリスクに対する知識】

毛染めによるアレルギーリスクについての認識

※グラフ:事故調提供


【設問】毛染めで皮膚などに出た異常に当てはまるものを選択してください。


1、毛染めを使って皮膚に異常がでても別の製品に変えれば改善されると思う 56.6%
2、カラーリングを続けていると、皮膚の症状は悪化していくと思う 55.5%
3、皮膚に異常が現れた場合、もう毛染めを行ってはいけないと思う 50.6%
4、アレルギー症状があらわれない人は、今後もずっと現れないと思う 40.2%
5、体調が良い時に毛染めをすれば皮膚に異常が起こることはないと思う 32.5%
6、理・美容院で染めていて、異常があっても店を変えれば改善されると思う 26.2%
7、理・美容院で染めていて、異常があっても担当者を変えれば改善されると思う 19.3%


※ %は、「非常にそう思う「そう思う」の合計値です。


ヘアカラーや白髪染めにともなうリスク、アレルギーについての知識が極めて乏しいことがわかりますよね。また、知識はあっても、リスクを回避する行動をとっていなければ、ヘアカラーや白髪染めによる健康被害を防ぐことはできません。


「ある日突然、顔やまぶたが腫れる症状を引き起こしたり、最悪の場合アナフィラキシーを起こして、命にかかわる可能性があるもの。」という認識・知識はあっても「自分がアレルギーになるとは思いもしなかった」という人がほとんどだといわれています。


ジアミンアレルギーにならない&なってしまった後の対抗策は?

本来であれば、ここまでジアミン系の酸化染料を使った毛染め(ヘアカラー/白髪染め)が健康被害を引き起こすリスクがあるものだとわかったら、最低でもアレルギーの原因となる化学物質の使用には規制が入るのが普通です。


しかし、今のところは製造・販売業者者に対しては「注意喚起と周知の徹底」にとどまっています。


※具体的には、ヘアカラーや白髪染めを使うことのリスクを商品パッケージに表示したり、皮膚障害の症例写真を販売ページ等に掲載したりすることを製造・販売業者に勧めている状況。


この理由ですが、ジアミン系染料の代替となる染毛効果がある染料がないため、ジアミン系の染料成分を禁止してしまうと、社会的な影響や動揺が広がることが明らかであり、理解が得られないだろうという判断からです。


そのため、現在は、


「毛染め(ヘアカラー・白髪染め)は危険だけど、国としては禁止にはできないから、製造業者や販売業者はそのリスクをきちんと説明して、消費者はそれを知ったうえで、使うか使わないかは自己責任で判断すること。」


という状態です。


国は守ってくれないので、自分の身は知識をつけて自分で守るしかないってことです。


「知らなかったでは済まない」ことはいろいろありますが、白髪染めとの付き合い方についても私たちには最低限、覚えておかなくてはならないことがあります。


Check! 白髪染めとの正しい付き合い方

要チェック 酸化染毛剤(2剤式)はアレルギーを引き起こしやすいこと
要チェック 酸化染毛剤は継続的に使用することでアレルギー発症のリスクを高めること
要チェック アレルギー症状が治まっても再度使用すれば再発し、次第に重症化するということ
要チェック 使用の際はパッチテストを必ず行うこと
要チェック かゆみ、赤み、痛み等の異常を感じた場合は使用を中止し、医療機関を受診すること


ジアミンフリーの白髪染めにはどんなものがあるの?

ジアミンアレルギーになれば、ジアミン系の酸化染料ではもう髪を染められません。


必然的に白髪を染めるときは、「ヘナ(植物染料)」「ヘアマニキュア(酸性染料/タール色素)」「白髪染めトリートメント(塩基性染料/HC染料)」といったジアミンフリー(ノンジアミン)の白髪染めを使うしかありません。


また、ジアミンアレルギーではないという人も2剤式の白髪染めを使っているかぎりは明日にでも発症する可能性があるので、ジアミン系の酸化染料を使った白髪染めを使う回数・頻度を減らす目的でノンジアミンの白髪染めを使うようにしたほうがアレルギー発症のリスクを減らせると思います。


ジアミンフリー(ノンジアミン)の白髪染めは、いろいろありますが、


要チェック 使いやすさ(ニオイ・手軽さ)
要チェック 手に入りやすさ
要チェック 商品の種類・品揃え・選択肢の多さ
要チェック 髪や頭皮へのやさしさ


といった条件で比較すると、白髪染めトリートメントが一番おすすめです。


白髪染めトリートメントなら繰り返し使ってもアレルギーを発症することにはならないですから、白髪の本数がまだ少ないうちや新しく伸びてきた生え際の白髪のリタッチには、白髪染めトリートメントを使うようにすると髪や頭皮へのダメージも軽減できるので一石二鳥です。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。
酸化染料を使った毛染めを続けることで発症するアレルギー性皮膚炎(ジアミンアレルギー)の健康被害が無視できないレベルに増加しています。白髪染めはおしゃれ染め以上に頻繁に行うためそれだけアレルギーを発症するリスクも高いです。どう白髪染めと付き合っていくべきか?お伝えします。