今、口コミで人気の高い白髪染めトリートメントを特集。「色落ちしない」「量が多くてお得」「無添加で髪と地肌にやさしい」など最新情報を常に更新して今一番の商品をおすすめします。
白髪染めトリートメント~髪や頭皮を傷めない白髪染めを大特集

白髪染めトリートメント~髪や頭皮を傷めない白髪染めを大特集

白髪染めトリートメントってどれがおすすめ!?

髪はボロボロ、頭皮はピリピリ。そんな白髪染めを止めて白髪染めトリートメントを利用する人が急増中!「でも、たくさんあって迷う!」「結局どれが一番いいの?」そんな疑問に当サイトが答えます!

選び方のポイントは?

白髪染めヘアカラートリートメントの選び方

トリートメントタイプの白髪染めを使うのがはじめてという方に知っておいてほしいポイントをまとめました。
詳しい情報はコチラ

白髪染めのテクニック集

白髪のカラーリングを成功させるテクニック集

「染まらない!」と怒る前に管理人が白髪染めの達人に聞いたムラなく上手く染める方法を試してみてください。
詳しい情報はコチラ

今月のPICK UP!

資生堂プリオールの白髪用ヘアカラー

資生堂の新ブランド「プリオール」からWEB限定のカラーコンディショナーが先行販売中!数量限定です。
詳しい情報はコチラ

白髪染めトリートメントの口コミランキング【最新版】


月のランキング
レフィーネ ヘッドスパトリートメント
価格:3,600円 送料600円
白髪染め+頭皮ケアができるという新しいコンセプトの白髪染めトリートメント。繰り返す使うことで髪と地肌がどんどん元気になると好評です!
レフィーネヘッドスパトリートメントカラー
ルプルプ
通常3,240円初回1,980円 送料500円
無添加で安心!染まりもいいと評判です。髪にハリやコシ、ツヤ感もでてくるトリートメント効果もすぐれた白髪用ヘアカラーです。
ルプルプ白髪用ヘアカラー
利尻ヘアカラー
通常3,240円初回2,160円 送料540円
利尻昆布の白髪染めとして時代を築いた商品。後発組の白髪染めカラーに押され気味でしたが、初回価格が安くなりました。
利尻ヘアカラートリートメント
この3つの条件を満たしているかどうかチェック!
要チェック 髪や頭皮にやさしく頻繁に染めても大丈夫だということ!
要チェック 部分染めに使うことが多いから内容量が多く、たっぷり使えること!
要チェック 返金保証付きで金銭的にノーリスクで試せること!
ヘッドスパ効果で“癒される”業界初の白髪染め!

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーで癒される。 「癒して、染める」そんなコンセプトを打ち出したレフィーネヘッドスパトリートメントカラーは、


1、白髪染め
2、トリートメント
3、ヘッドスパクリーム


1本で3役の機能をもつ驚きの白髪染めトリートメントです。頭皮や髪にやさしく白髪を染めながらヘッドスパ効果で40代以上の女性が白髪とともに気になる抜け毛薄毛対策もできるんです。これってスゴいですよね!?
たっぷり使える300gだからコスパも抜群で「香りも使い心地もとっても気持ちがいい!」と今一番使用者の評判がいい白髪染めトリートメントです。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラーをもっと詳しく!

白髪染めトリートメントで白髪が染まる仕組みと使い方を解説!

白髪染めトリートメントと、2剤式の白髪染め・おしゃれ染めが該当する「ヘアカラータイプ」、ヘアマスカラやヘアスプレーなどが該当する「一時染め染料」を比べてみると以下のような違いがあります。


種類 ヘアカラー トリートメント
ヘアマニキュア
一時染毛料
分類・名称 医薬部外品
永久染毛剤
化粧品
半永久染毛剤
化粧品
一時染毛剤
染まる仕組み
染まる部分 染料が髪の内部(毛皮質)に入り、しっかり染まる 染料はキューティクル層と表面近くの毛皮質に留まる 一時的に毛髪表面に染料が付着するだけ
色持ち 2~3ヶ月 2~4週間 1回のシャンプーで落ちる
アレルギー かぶれることがある。 ほとんどかぶれない。※ ほとんどかぶれない。※
髪・頭皮への負担 ダメージを受けやすい。 ダメージが少ない。 ダメージが少ない。
寸評 その人の体質や体調によって刺激やかぶれを起こすケースがあります。 1回で染まることはなく、使い続けることで色が定着していきます。 雨や汗などで色が落ちるので、衣服が汚れてしまう可能性が高い。

※「ヘアマニキュア・トリートメントタイプ」と「一時染毛料」は、パラフェニレンジアミン等の酸化染料を使用していないため、基本的にはパッチテストは不要です。しかし、かぶれやかゆみなどの皮膚刺激やアレルギーが絶対に生じないというわけではないので、肌が弱い敏感肌の人、アレルギー体質の人は、念のためパッチテストを行ったほうが安全です。


白髪用ヘアカラートリートメントの特徴は、1回の使用で染まるものではなく、数回の使用で染まっていくものだということ。3~5回と繰り返し使っていくうちに髪の表面部分とやや内部まで染料が浸透・蓄積し、徐々に自然な髪色になっていきます。


1回でしっかり染まり、色持ちもいい美容院での白髪染め(サロンカラー=永久染毛剤)やドラッグストアや薬局にあるサロンドプロ、ブローネ、シエロなどホームケア用の2剤式の白髪用ヘアカラー(永久染毛剤)と比べると、染まり具合や色落ちが気になるのは確かです。


しかし、


要チェック ブリーチ作用がなく、刺激になる成分が無添加だから髪や地肌へのダメージが非常に少ない
要チェック 白髪を染めた後のギシギシ感がなく、手触りのいいツヤ髪に仕上がる
要チェック ジアミンアレルギーになる心配がない
要チェック 具合が悪くなり、家族からも不評な刺激臭(アンモニア臭)がない


といったメリットは、肌が弱い人や長年のヘアカラー(おしゃれ染め+白髪染め)、パーマ・縮毛矯正などで髪がボロボロになっている人には魅力的なはず。白髪染めのように短いサイクルで繰り返し使い続けるものは、アレルギーや髪や頭皮に負担が少ないものを選んだほうがいいのは間違いないですからね。


「頭皮と髪への負担を考えて、全体染めや根元染め(リタッチ)で使う白髪染めを使い分ける」「白髪の量にあわせて、ダメージを最小限に抑えつつ白髪をキレイに隠す。」


というのが、今の白髪染めの考え方の主流です。


「美容院にいくまでのつなぎとしてキラキラすぐに目立つ生え際の白髪のリタッチに使いたい」「こまめな手間は気にならない」「髪と地肌のダメージ、アレルギーが気になる」という方にとっては、白髪染めトリートメントを使うメリットは大いにあると思います。

白髪染めトリートメントが1分で理解できる!【簡易版Q&A】

白髪染めトリートメントが初めてという方や使い始めたばかりで効果のある使い方を模索しているという方に向けに よくある質問に回答しました。質問によって別ページにて詳細を解説しているものもあります。

Q1.1回の使用量の目安はどれぐらい 200gでどれぐらい持つの?

1回あたりの使用量は、約15g(ゴルフボール大の大きさ)が目安になります。これを基準に考えると200gであれば約13回分です。


とはいえ、シャンプー前の乾いた髪に使う場合や白髪の量が多い場合、染まりにくい部分に重ね塗りする場合は、1回当たりの使用量が増えますし、全体染めをする場合は髪の長さ(ショート、ミディアム、ロング)で変わってきます。

Q2.乾いた髪と濡れた髪のどっちに使うのがおすすめですか?

染まり重視でいくか、髪のケア重視でいくか。はたまた染めた髪色をキープしたい!など目的によって使い方を変えるのがベストです。髪が濡れていると染料の濃度が薄まるため、シャンプー前の乾いた髪に使ったほうが染まりは良くなりますが、濡れた髪に使うよりも伸びが悪くなるので1回分の使用量が増えるなど注意点もあります。


シャンプー前の乾いた髪に使う場合とシャンプー後の濡れた髪に使う場合のメリット・デメリットは別で詳しく解説しました。>>解説はコチラ

Q3.パーマや他社製品の白髪染め(酸化染料含む)と併用しても染まりますか?

染毛の仕組みや染料の種類が違う2剤式の白髪染めとの併用やパーマをかける場合は、仕上がりの色調(カラーの濃淡)に影響がでる可能性があるので思い通りの仕上がりイメージにならないことがあります。


美容院で白髪を染めたり、パーマをかける場合、前後1週間以上は間隔を空けて白髪染めトリートメントを使ったほうがいいと思います。>>解説はコチラ

Q4.ヘアマニキュアとは何が違うんでしょうか?

ジアミンフリーで髪や頭皮にダメージを与えることなく白髪染めることができるメリット、色持ちや褪色の早さといったデメリットなど、ヘアマニキュアとトリートメントタイプの白髪染めのメリット・デメリットは基本的に同じです。


違いはヘアマニキュアは「タール系染料(酸性染料)」を使っているということ。塩基性染料やHC染料に比べて、色の付着力はいいですが、発がん性が指摘されるなど安全性についてやや不安がある染料です。

Q5.手や爪、浴室を汚してしまうものなのでしょうか?

手や爪の間に液が付着してしまった場合、なかなか汚れがとれないことがあるので素手ではなく手袋をして使ったほうがいいです。


浴室や洗面所等についてしまった場合も同様ですので、汚れがつかないようにするか、すぐに掃除することが大事です。掃除する場合ですが、ついてすぐの汚れは「激落ち君」、時間が経ったものは「カビキラー」を使うとキレイに落ちますよ。

Q6.週に何回ぐらい使えばいいですか?毎日使う・染める必要がありますか?

これから白髪を染めるという場合、使い始めは3~5日間毎日使ったほうがいいです。 色が定着してから髪色を維持する目的で使う場合は、週2~3日のペースで使うと褪色を防ぐことができ、状態をキープできると思います。

Q7.汗をよくかくので色落ちが気になるのですが?

白髪を染めた翌日であったり、大雨に遭遇したり、汗を大量にかいたときは色落ちすることがあります。また、アルコールを含む育毛剤や整髪料等を使った場合も色落ちすることがあるので注意したほうがいいです。


衣服(Yシャツの襟など)、タオル、枕カバー等への色移りを防ぐには、しっかりすすいで、完全に乾燥させることが大切です。

Q8.毎日、髪にヘアオイルやエッセンス、他トリートメントを使ってますが染まりますか?

髪表面をコーティングするような油分やスタイリング剤、トリートメント成分が髪に残った状態だと染料の色素がはじかれて、髪に浸透・定着しにくくなってしまうため、染まりが悪くなりますし、色ムラの原因になってしまいかねません。


スタイリング剤が付いている場合は洗髪後に乾かしてから、ヘアオイルなどは毛先を中心に塗布して、使用後はしっかりすすぐようにしたほうがいいかもしれません。

Q9.見本の色どおりに白髪は染まる?

髪質や元々の髪色、髪の傷み具合、白髪の量、染める時の条件(放置時間や塗布量)によって仕上がりの色調、使用感は変わるので個人差があります。


髪質が硬いor太い、パーマや縮毛矯正、カラーリングの経験がこれまで一度もなく、キューティクルが整っている健康な髪は一般的に染まりにくいといわれています。>>解説はコチラ

「白髪染めトリートメント/口コミ&ランキングで選ぶおすすめNO.1」について
利尻ヘアカラートリートメントの発売以来、大人気なのが無添加の白髪染めトリートメント。その背景にはこれまで本当に多くの人が白髪染めで髪や頭皮を傷めてきたということがあります。美容室や市販の白髪染めは確かによく染まるんですが、酸化染毛剤(永久染毛剤)は髪や毛根、地肌に接触性皮膚炎という炎症を引き起こす原因になりますし、人によっては染料に含まれるジアミンがアレルギーのトラブルを引き起こす原因になってしまうんですね。 「髪や地肌が傷むのは嫌だし、白髪が目立つのも嫌!」これまではどちらかを犠牲にしてきた「染まり(=毛染め)」と「髪と頭皮へのやさしさ」ですが、トリートメントタイプの白髪染めなら「染まり(=毛染め)」も「髪と頭皮へのやさしさ」も犠牲にしないで両立させることができるんです。 そんな見た目の美しさと髪の毛と地肌の健康を手に入れられる白髪染めトリートメントだからこそ、たくさんあるなかから一番評価の高いものを選びたいですよね。当サイトでは人気の白髪染めトリートメントを徹底的に比較、口コミを調査することで、あなたにピッタリの白髪用ヘアカラーをみつける手助けをしたいと思っています。是非、参考にしてください。

人気の特集ページ

口コミ・評価が高いのは?
口コミサイトでの評価や実際の使用者の評判からおすすめをランキングで決定!
費用対効果で比較
1本で何回使えるの?部分染め1回あたりの価格でランキング。費用対効果は大事です。
白髪染めが薄毛の原因?
白髪染めが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?40代以上の方は必見のコンテンツです。
無添加5商品を徹底比較
パラペンフリー・香料不使用で低刺激の人気の無添加白髪染め5商品を徹底比較します。